財産分与の対象財産はいつ評価されるか

財産分与の対象となる財産は、いつの時点で、どのような方法で評価されるのかについて述べます。

現金や債権であれば誰が見てもいくらかわかるのですが、不動産などは、きちんと価値を評価しないとトラブルの原因になります。
財産の評価方法については、法律上の定めはないので、客観的合理的に妥当と認められる方法であればよいとされています。

以下に、いくつかの財産について評価方法を書いておきます。

まず、土地や家に関してです。
基本的には、近隣の物件の売り出し価格を参考にしたり、不動産鑑定士に依頼したりします。
ローンが残っている場合には、不動産評価価格から未払いのローン分を差し引き財産の価値とする方法があります。

その他の自動車などの財産は、可能な限り中古品の相場と照らし合わせてその価値を評価します。実際の協議では、細かいところは、双方の言い分を合わせて、交渉で決まることが多いです。
売れたとしても良い値段にはなりにくい財産は、市場価格で評価するというよりも、現物で分与することが多いです。

財産分与の基準時については判例が分かれています。
実際の司法の判断として、裁判時説、離婚時説、別居時説等が判決の論拠として用いられました。