モラハラ加害者に対して、一切下手に出ない~別居後の生活のことだけ考える

モラハラ加害者に対して離婚を求めると、離婚に応じないという対応をとられることがあります。

 

まさにこれが、モラハラ被害者が恐れていることです。

相談にお越しになるモラハラ被害者の中には、離婚したいと思っていても、相手が離婚に応じず、「離婚するしない」で対立が生じることを非常に恐れている人が多いです。

 

しかし、離婚意思があれば、時間がかかってしまうことがあっても、離婚は必ずできます。

ということは、相手が離婚に応じないと言っても、それは、「離婚までにかかる時間」を左右するだけであって、「離婚するか否か」を左右するわけではないということです。

 

相手が応じなければ永久に離婚できないというのであれば、暗澹たる気持ちになると思いますが、そんなわけはなく、必ず離婚にはなるのです。

そして、別居して弁護士をつければ、意外に早く離婚に応じるというケースも多くあります。

 

このように、いずれは離婚になることを前提として、「離婚までの時間がどのくらいかかるか」が問題であることがわかります。

 

そして、離婚が決まるまで別居できない、というのであれば恐ろしいことですが、もちろん、そんなわけはありません。

別居は、いつでも自分が決めた時にできます。

別居し、相手からの悪影響がかなり軽減された状態で、 「離婚までの時間がどのくらいかかるか」が問題になる、ということです。

言ってみれば、別居したら、その生活はそのまま、「夫とは無関係な、離婚後の未来」に直結しているのです。

こう考えたら、勇気がわいてきませんか?

前向きな気持ちになりませんか?

 

このように考えれば、「相手が離婚に応じないのではないか」と恐れることはありません。

 

このような前向きな気持ちで別居した後、相手と協議しますが、その際、「離婚に応じない」という相手は、上から目線の態度、高圧的な態度をとってくることがあります。

この、高圧的な態度をとられることも、モラハラ被害者が恐れていることです。

 

そういった相手に対して、 当事務所ではどのような対応をとるかというと、「一切下手に出ない」という対応を貫きます

相手は、「離婚に応じてください」と、お願いされたいんですね。

もともと、配偶者に対して優位に立ちたいという欲求が強い人なので、お願いされると、自分が優位に立ったような気になるのだと思います。

 

そういう相手に対して、下手に出て、「離婚に応じてください」とお願いすることは、ストレス以外の何物でもないですよね。

同居中もストレスを受け続けたのに、別居後もストレスを受けたくないですよね。

 

当事務所では、そのような、別居後、離婚するまでの間に、依頼者が受けるストレスを最小にすることを目指しています。

ですから、当事務所では、「離婚に応じてください」というような、下手に出るような態度は、一切とりません。

「こうこうこういった理由で、あなたが悪いと考えるから、離婚したいんだ」という態度で進めていきます。

 

そして、依頼者の方には、別居後は、別居後の生活だけを考えればよい、とアドバイスしています。

離婚の問題(離婚原因や財産分与など)は、基本的に(養育費等を除き)、別居前の関係を清算するものです。

そのような過去の問題の処理は、代理人弁護士に任せてもらい、本人には、別れることになる相手のことではなく、本人にとってずっと大事な、別れた後の未来のことを考えるようにアドバイスしています。

 

以上のように、別居は、自分の意思でできる、そして、別居したら、離婚後の未来のことだけ考えればよい、となれば、前向きな気持ちになりませんか?

同居し、離婚したいと悩んでいる時は、「相手が離婚に応じなかったらどうしよう」と暗い気持ちになるかもしれません。

そういう時は、当事務所にご相談ください。

上記のような方針でアドバイスし、前向きな気持ちになってもらうように心掛けています。

 

私がこのような方針をとるようになったのは、数多くのモラハラ事案を取り扱っているうちに、「どうすればモラハラ被害者を前向きにできるか」と考え続けた結果です。

一朝一夕で持てるような対処方針ではないと思っています。

このような当事務所の方針に賛同されましたら、当事務所にご相談ください。

 

なお、離婚条件について交渉する中で、早期解決のため、譲歩することはあります。

これは、下手に出るのとは違います。

自分の主張を貫いて最後まで争い、裁判所の判断を得ることも選択できるが、それに時間をかけるよりも、早期に離婚する方を選択する、というもので、自分の意思で判断するものだからです。

 

 

The following two tabs change content below.
アバター
当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング