離婚しないというだけで、なぜか上から目線~お願いされたい?

 

モラハラ被害者が離婚を求めた場合、モラハラ加害者の中には、「離婚に応じない」という人がいます。

 

そしてなぜか、そういう人の中には、上から目線で対応する人が多くいます。

モラハラ被害者本人に対してはもちろん、その代理人弁護士である私に対しても、上から目線の態度をとります。

 

なぜでしょうかね。

 

そもそも上とか下とかはないと思いますが、普通に常識的な感覚から言えば、「嫌いだから離婚したい」と言われている人の方が、どちらかというと立場は下ではないですかね。

 

しかし、モラハラ加害者は、そういう感覚には陥らない人が多いようです。

 

おそらく、こちらが、「離婚に応じて」と求める形(お願いする形)になるので、「離婚に応じるか否かは俺次第だな」という感覚になり、勘違いが生じ、上から目線の態度になるのだと思います。

 

もともと、「配偶者に対して優位に立ちたい」という欲求が極めて強いこともあり、この種の勘違いが生じやすいのだと思います。

 

 

このような態度をとられた場合、どう対応したらよいでしょうか。

 

当事務所では、モラハラ加害者に対して、「一切下手に出ない」という方針を貫きます。

 

詳しくは、モラハラ加害者に対して、一切下手に出ない~別居後の生活のことだけ考えるをご覧ください。

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター
当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング