離婚に応じないと言っていたモラハラ妻と調停で離婚が成立した事例(横浜市旭区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
男性 20代 30代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
専業主婦・無職




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた
別居中

モラルハラスメント・精神的虐待・暴言 あり 調停



 

争点

  ■相手が離婚に応じない
  ■養育費






 


事案


ご依頼者は、妻のモラハラに耐えられず、離婚をしたいとのことで、ご相談にお越しになりました。


解決


養育費として、1か月3万円を支払う内容の調停離婚が成立しました。
   
  離婚 親権者・監護者 養育費
弁護士介入前 応じない 夫が親権者となることを希望していた 月額4万5000円
弁護士介入後 調停で離婚が成立 妻が親権者となった 月額3万円

 


弁護士の視点


妻は、当初、離婚に応じず、当事務所宛ての電話で「子どもを預かってほしい」など細かいことを要求してくるなど、モラハラの攻撃が当事務所に及んでいました。しかし、応じる義務のない妻の要求に、毅然とした姿勢をみせたところ、調停離婚が成立しました。
養育費については、ご依頼者は、子どものために適正な金額を超えていたため、交渉の結果、適正金額で合意しました。
 

 ≫≫解決後にいただいたアンケートはこちら


 ≫≫ご依頼者様の受けていたモラハラの具体的な内容はこちら