モラハラ夫と、養育費月額13万円を受け取る内容の協議離婚が早期(2か月)に成立した事例(横浜市青葉区)


性別 年齢 相手年齢 職業 相手職業
女性 40代 50代 給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)
給与所得者
(会社員・公務員・パート・アルバイト等)




 

離婚請求 同居中か別居中か 原因 未成年の子ども 手続き
求めた 同居中
モラルハラスメント・精神的虐待・暴言
あり 協議



 

争点
  ■養育費
  ■その他(年金分割)





 

 


事案


ご依頼者は、夫から、一緒に食事をしない、会話をしない等と言われ、その状態が長期間続きました。また、ご依頼者が作った食事をエサだと言われたり、お前のせいで子どもがダメになったと言われる等しました。ご依頼者は、夫からそのようにされる理由は全く分かりませんでしたが、ご依頼者は、それに耐えられず、離婚を決意し、別居しました。


解決


養育費として月13万円を受け取り、年金分割の按分割合を0.5とする内容の協議離婚が成立しました。

 

養育費 年金分割
弁護士介入前 提示なし  提示なし

弁護士介入後

月額13万円 按分割合を0.5とする内容で合意








弁護士の視点


本件のように、妻が悪いことをしていないのに、夫が妻を攻撃する事例は多くあります。 上記のような攻撃を受ければ、妻が離婚したいと思うようになるのは当然だと思われますが、夫は妻を苦しめているという自覚がない場合が多いようです。 そのため、妻側から離婚を切り出すと、夫が離婚に消極的な場合が多いです
本件でもそれが予想されましたが、弁護士がつくことや、離婚意思を伝える際の通知の内容を工夫することにより、夫が早期に離婚に応じることがあります。 本件でも、夫は、弁護士からの通知に対し、早い段階で素直に離婚に応じてきました。
細かい離婚協議書の文言を調整し、別居からわずか2か月という早期に離婚が成立しました。 養育費は、算定表どおりの適正な金額で合意しました。
また、離婚までの婚姻費用も算定表どおり支払われました。
弁護士をつけることで、このように、円滑かつ早期に離婚の話をまとめることができます

 

 ≫≫解決後にいただいたアンケートはこちら

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

弁護士 松平幹生(神奈川県弁護士会所属)

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています。 当サイトにはじめてアクセスされた方はまずはこちらをお読みください。 パートナーと離婚したい方へ/ パートナーに離婚したいと言われた方へ
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング