モラハラ夫・妻は、夫婦関係に問題を感じていない

1 モラハラ夫・妻は、夫婦関係に問題を感じていないから、離婚する必要性を感じない


モラハラ夫・妻は、夫婦関係に問題を感じていない場合が多いです。

だから、離婚をする必要性を感じておらず、離婚に応じない場合が多いのです。

2 モラハラを受けている側の見方と大きなギャップがある


モラハラを受けている側は、離婚したいほど悩んでおり、当然、夫婦関係に大きな問題を抱えていると認識しています。

それで、これだけ関係が悪化しているのだから、相手も離婚を意識しているだろうと考えて、離婚を切り出します。

ところが、意外にも、相手が離婚に応じない、という事例が多いのです(離婚に応じないことを予想している人もいます)。

過去の事例では、モラハラ夫が、自分の部屋に引きこもり、家電を運び込むなどして、家族と隔絶した生活を送っていたという事例がありました。
この事例では、さすがに離婚に応じるだろうと思ったのですが、「離婚したくない」と言って争ってきました。

このように、モラハラを受けている側からすれば、夫婦関係がすごく悪化しているように見えても、相手はそれを感じておらず、「離婚したくない」と言ってくる事例が多いのです。

また、離婚には応じたとしても、少なくとも離婚したいとは思っておらず、離婚を積極的に進めようとはせず、「そんなに言うなら離婚してやる」という、なぜか偉そうな上から目線の態度をとる場合がほとんどです。

このような事例では、妻から話をきくと、会話もほとんどなかったりして、家庭が冷え切っているように感じます。

モラハラ夫は、妻に大きな不満を抱いていて、家庭も冷え切っており、離婚を覚悟しているように「みえる」事例が多いです。

しかし、離婚に応じない、少なくとも離婚に積極的でない対応をとるので、多くの事例を扱っている私でも、どうしてこのようなギャップが生じるのか、不思議に思うことがあります。

3 この不思議なギャップの理由


この、不思議なギャップが起きるのは、次の理由によると思います。

一つは、モラハラを受ける人は、客観的には悪い妻(夫)ではないこと


もう一つは、結婚観、家族観の違いがあることです。


これらについては、それぞれのリンク先をご確認ください。

 


このように、モラハラ問題は、普通の感覚では理解できない部分があります。

弁護士でも、モラハラ案件を専門に多数取り扱って分析している人でないと、理解できないと思います。

当事務所は、モラハラ案件に力を入れているので、当事務所にご相談いただければ、お力になれると思います。