モラハラ妻の具体例

    モラハラ妻の具体例


ここでは、実際に当事務所にご相談があった、モラハラ夫の事例をご紹介いたします。

※比較的、程度のひどいものを挙げていますが、モラハラは、以下の具体例のようなわかりやすいものばかりではありません。直接的な言動がなくても、しつこく質問や要求をしてやり込めるといった、外から見てわかりにくいものもあります。ですから、以下の具体例と自分の状況が違っても、「自分の状況はモラハラではない」と安易に考えない方がよいです。
モラハラと一般的な夫婦の悩みの区別の仕方、モラハラの本質については、「パートナーと一緒に暮らすのがつらい方へ」
をご参照ください。 

 

 

人物(赤).pngAさんの事例 
罫線(波線).png
・思い通りにならないことがあると「離婚」を口にする(実際は離婚意思はなく、夫から離婚を正式に求めると拒否する)。
・「結婚したことを後悔している」と度々言う(実際は離婚意思はなく、夫から離婚を正式に求めると拒否する)。

・壁や部屋の中の物を蹴り飛ばす。
・刃物を手にする。
・マンションのベランダから飛び降りようとする。
・不満を複数書いた紙を渡し、謝罪を要求してくる。

 ≫≫このお客様の具体的な解決事例はこちら



人物(赤).pngBさんの事例 
罫線(波線).png
・部屋の電気を消し忘れると、部屋の扉を殴る、注意喚起の張り紙をする
・「汚い」「臭い」「邪魔な人がいるから早く出て行ってほしい」「ほんと大っ嫌い」「もう無理」「お金の話しかしない」と言う
・会社に行くときの挨拶の返事が「はい」と言うだけ、または無視をする
・ご飯が固かったことを指摘すると、料理を流しに捨て、「だったら食べるな」と言う