養育費・扶養料

 民法877条1項が「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。」と規定していることから、離婚後も父母は未成熟子を扶養する義務を負います。

 扶養を請求する方法は2つあります。
 1つ目は、子ども自らが別居親に扶養料を請求する方法です(扶養料請求、民法877条~880条、家事事件手続法別表Ⅱ9、同別表Ⅱ10)。ただし、子どもが未成年の場合は、親権者が法定代理人として申し立てをします。
 2つ目は、監護親が、子の監護に関する処分として、別居親に監護費用を請求する方法です(養育費請求、民法766条、家事事件手続法別表Ⅱ3)。

 家事事件手続法289条では、養育費の支払義務を定める審判をした家庭裁判所は、権利者の申出があるときは、その審判で定められた義務の履行状況を調査し、義務者に対し、その義務の履行を勧告することができるとされています。これは、調停で養育費の支払義務が定められた場合も同様です。
 不履行等があるときは、将来のものについても、給与等の差押えをすることができます(民事執行法151条の2)。給与等から税金その他を差し引いた残りの2分の1を差し押さえることができます(同152条3項)。