男性側の解決事例

Contents

男性側の解決事例

 

子どもを連れて別居した妻と監護権を争い、監護権を獲得した事例(横浜市緑区)

 

子どもを連れて別居し、離婚請求をしてきた妻に対し、親権を争い、親権を獲得した事例(横浜市神奈川区)

 

女性の夫から過大な慰謝料を請求されたが、適正額で解決した事例(横浜市港南区)

 

妻が提示した条件から140万円程度減額して離婚調停が成立した事例(横浜市神奈川区)

 

離婚に応じないと言っていたモラハラ妻との間で、受任から3か月で離婚が成立した事例(横浜市港北区)

 

夫を親権者とし、離婚が成立した事例(横浜市鶴見区)

 

妻からの財産分与及び養育費の請求額を減額した事例(横浜市緑区)

 

暴力及び暴言を原因として妻から請求された慰謝料を大幅に減額した事例(相模原市)

 

親権を主張する妻に対し、夫が親権者と定める内容の協議離婚が成立した事例(横浜市鶴見区)

 

離婚に応じないと言っていたモラハラ妻と調停で離婚が成立した事例(横浜市旭区)

 

夫名義の不動産に住み続け、夫に住宅ローンの支払いを求めた妻に対し、不動産を明け渡す内容で訴訟での和解離婚が成立した事例(横浜市鶴見区)

 

妻が養育費2万円、慰謝料80万円の支払いを求めてきたのに対し、養育費は1万円、慰謝料は0円という内容で早期(5か月)に解決した事例(横浜市港北区)

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

松平幹生

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング