専業主婦・パートの解決事例

Contents

職業別の解決事例【専業主婦・パート】

 

別居中、婚姻費用や養育費を支払わない夫に対し離婚調停を申し立て、婚姻費用と教育費、財産分与を獲得した事例

 

妻が養育費月額10万円,慰謝料550万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例

 

離婚には応じないと主張していたモラハラ夫と、約8か月で調停離婚が成立した事例

 

妻が調停で解決金500万円を獲得した事例

 

妻が解決金300万円を受け取る内容の協議離婚が成立した事例

 

妻が財産分与として900万円を受け取る内容の調停離婚が成立した事例

 

不倫したモラハラ夫から1001万円を受け取る内容の協議離婚が成立した事例

 

養育費を算定表の金額より多くしたうえ、解決金100万円で離婚が成立した事例(鎌倉市)

 

モラハラ夫に対し訴訟を提起し、夫の特有財産の主張を排斥し、不動産を含む多額の財産分与を得た事例(横浜市都筑区)

 

離婚に応じなかったモラハラ夫から、離婚の合意を早期(1か月未満)に得て、財産分与として900万円を受け取った事例(横浜市港南区)

 

離婚に応じないと主張し、全く連絡が取れなくなった夫に訴訟提起し、和解離婚が成立した事例(横浜市保土ヶ谷区)

 

相手の不貞が原因で別居し、訴訟で財産分与として2000万円と自動車を受け取る内容の和解離婚が成立した事例(横浜市金沢区)

 

離婚に応じなかった夫と早期(2カ月)に協議離婚が成立した事例(埼玉県)

 

算定表上適正な金額の養育費を受け取り、年金分割の按分割合を0.5とする内容の協議離婚が成立した事例(横浜市神奈川区)

 

The following two tabs change content below.
アバター

松平幹生

当事務所は、離婚に特化し、離婚問題全般に力を入れていますが、中でも、モラルハラスメントの問題の解決に積極的に取り組んでいます。 離婚で相談にお越しになる方の中には、モラルハラスメントで苦しんでいる方が多くいらっしゃいますが、そのような方が、その苦しみから解放されて自由になるため、力になりたいと思っています
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング
モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由タイミング